スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Windows10アップグレード

うちのPCもついにWindows10にアップグレードしました。
もともとWindows8.1だったので使い勝手等もあまり変わらないということでもっと早くアプグレするつもりだったのですが、逆に急いでアプグレする必要性も感じられず、伸ばし伸ばしになっていたのが実情でした。
無償期間が残り2か月を切ったのもあってそろそろやろうかと思い立ったわけです。
というわけで使用感などをつらつらとつづってみたいと思います。

事前準備としてはCドライブのバックアップをとるくらいですが、使ったのはOS標準の「システムイメージバックアップ」です。
外部のバックアップソフトも以前使ったことがあるのですが、当時はWindows8の仕様に対応していなかったのか、リカバリできない不具合などもあって使うのをやめていました。
今回改めて調べてみると、人気のフリーソフトも中国製らしいあやしい動作をするものもあったりして、使うのはためらわれますので、やはり従来どおりの方法でバックアップすることにしました。

さて、Windows10のアップグレード自体は非常にスムーズで特筆するようなことも一切なく、小一時間ほどであっさり完了しました。
起動後の見た目でまず気になるのはタスクバーにへんな検索窓が付いたことでしょうか。
コルタナというアシスタント機能のようですが、とりあえずじゃまなので表示を消しておきます。
また、タスクビューというアイコンが表示されており、仮想デスクトップを切り替えることができるようです。
こちらは使いようによっては便利かもしれませんが、ちょっと使ってみた感じでは切替にひと手間かかるのがやや不満です。どうせならアイコンクリックだけで順次切替できればいいと思うんですが。

他に目につくのはやはりフォントが汚いということでしょう。
Windows10のシステムフォントにはYu Gothic UIというものが採用されているようですが、ところどころかすれていたりして非常に残念な感じです。
これは窓の杜でも紹介されている「Windows10 フォントが汚いので一発変更!」というソフトを使って従来のメイリオフォントに切り替えておきました。

他にはスタートメニューが変わったようですが、こちらはもともとあまり使っていなかったのでどうでもいい感じです。
ところでWindows8.1のときはスタートボタンを押すと「スタート画面」が表示されていたのですが、なくなると少し寂しい気もしますね。(実用性は皆無でしたが)
…と思ったらカスタマイズで従来と同じ表示方法にもできるようです。

全体的には従来とあまり大きな変化はないようですが、どうもデザイン重視で微妙に使い勝手が悪くなった印象があります。
まあ慣れの影響も大きいのかもしれませんが。
スポンサーサイト

記憶域プール エラー状態回復せず

前回HDDが故障したかもしれないと思っていろいろ調べてみたのですが、どうやら故障ではなかったようです。
あの後もう一度SATAでつなぎなおしてみたところ、HDDは正常に認識されています。
CrystalDiskInfoで見ると、エラーレートがリードライトで一回づつ出ていますが、エラーセクタは出ておらず、何かの拍子にHDDが認識できない状態になっていたのだろうと考えられます。

考えられる原因ですが、SATAケーブルがきちんと接続されていない状態になっていたのではないのでしょうか。
HDD2台のうち、一方のケーブルは抜け防止のラッチ付きですが、もう一方は何もないケーブルでかなりゆるめの接続状態でした。
PC内のHDDの配置的にケーブルがケースに接するような形になっており、ケースを動かしたときにケーブルを圧迫する可能性があるのかもしれません。
そういえばあのときPCのファンが急にうるさくなったので後ろをのぞこうとしてPCを動かしたかなあ…
ということでこのHDDはこのまま使っていくことにします。

ただもうひとつ気になるのが、「空き容量なし」のエラー状態が相変わらずそのままになっていること。
スクリーンショットB

やはり記憶域プールで使っているHDDをUSBでつないだのはまずかったのか。
この状態でほんとうにデータが保全されるのかどうか不安なので、ここはやはり記憶域を再構築することにします。

記憶域プールのHDDが故障?

現在使っているPCの記憶装置としてはSSDとHDD2台を使っていて、HDDは2台で記憶域プールのミラーリング運用をしています。
この間PCがフリーズしたり調子が悪くなったことがあったのですが、そのあと再起動するとエラーが表示されてシステムチェックしてくださいと出るようになってしまいました。チェックしても正常と出てそのまま起動はできるのですが、よく見ると記憶域プールの警告が出ていました。
HDD1台が切断となっていて、どうもHDDの1台が故障している可能性があるようです。
3TBのうち90%近く使っているので、もし全部おじゃんになったら大打撃でしたが、ミラーリング対策していたおかげで助かったというべきでしょうか。
スクリーンショットA

で、ほんとうに壊れているかどうか確かめるためにUSBで外付けケースにつないでみたところ、なんと正常に認識できているように見えます。
なんだかよくわからないのですが、コンパネの記憶域画面を見たところ、修復中という表示が出ており、しばらく待つと
「空き容量なし、2つのドライブを追加してください」となってしまいました。
これはやはり何か障害があって使える容量が少なくなってしまったということでしょうか?
ひょっとして記憶域プールで使っているHDDをUSBでつないだのはまずかったのか?
接続場所を変えると別のHDDとして認識されてしまうのか?よくわかりません。

3TBのHDDは今や1万円もしない程度なので、やはり安心のために代替のHDDを用意することにします。
それまではとりあえず余っている1TBのHDDにいくつかバックアップして誤魔化しておきますか。

液晶ディスプレイの表示が白っぽい

前回のディスプレイ選びでは結局、XB2783HSU-B1を選んだのですが、使ってみていくつか表示で気になる点がありました。
まず気になったのは全体的に表示が白っぽいと言う点です。

(現象)
AMVA+は引き締まった黒が特徴という話だったはずですが、真っ黒を表示させてもどう見ても白っぽくみえるのです。
OSDでコントラストやRGB設定をいろいろいじってみてもたいして変化はありません。
これらは最初からかなり高い値に設定されていたため、変更する余地自体があまりありませんでした。
そこで今度はPC側の設定をいじってみました。
画面表示ということなので、まず考えられるのはグラフィックボードの設定です。
グラボはnvidiaのGT640(OEM)で、設定は「nvidiaコントロールパネル」でおこなえます。
そこでデスクトップカラーの設定をおこなうと、数値を変えた瞬間に画面表示が霧が晴れたようにパッと引き締まった黒表示に。
ああ、これが本来の表示か、これで一段落、と思ったのもつかの間、ディスプレイの電源を入れなおすとまた白っぽい表示に戻ってしまうのです。
グラボの設定ではなく、windowsのカラープロファイルをいじっても同じようになります。
とりあえず電源を入れなおすたびに設定をいじればなんとかなるのですが、やはり少し面倒。

(原因)
ネットでググってみると、どうやらグラボが特定条件で機器を誤認識するのが原因ということみたいです。

Intel HD GraphicsのHDMI出力でRGBレンジがリミテッドになる(黒が白っぽくなる)問題

HDMI接続の場合、RGBの階調範囲が0~255の「フルレンジ」と16~235の「リミテッド」の規格があり、通常のPCディスプレイはフルレンジなのですが、テレビ機器などはリミテッドが多いようです。
(切り替え可能な機種があるかもしれませんが、XB2783HSU-B1はレンジ切り替えの設定はなく、常にフルレンジのようです。)
特定条件でグラボが接続機器をテレビと誤認識して勝手にリミテッドに切り替えてしまうことがあり、ディスプレイ側ではフルレンジとして受け取って処理してしまうためにずれがおこって表示が本来の色からずれてしまうのです。
例えばグラボ側では真っ黒を16として送りだしますが、受け手のディスプレイにとっては真っ黒は0であり、16は少し白っぽい黒として処理されます。このため真っ黒のはずが白っぽい黒で表示されてしまうのです。
このずれにより全体的にレンジ域が中央よりに狭まって上下域がカットされたようになり、色が薄くなってしまいます。

(解決策)
解決策としてはnvidiaのドライバを最新にすればフルレンジ切り替えの設定項目が追加されて固定できるようになるようです。
ドライバ更新したくない場合は、カスタム解像度の作成をおこなうことで、フルレンジ固定にできるようです。
(カスタム解像度の作成手順)
解像度の変更→カスタマイズ→カスタム解像度の作成→タイミングを「ブランクを低減したCVT」に変更

この現象はこのディスプレイに限らず他の機種でも起こるはずですが、前の機種はHDMIではなくDVI-Dで接続していたため、発生しなかったのでしょう。

三菱のRDT233WLMは4年で寿命?

現在使っている液晶ディスプレイは三菱のRDT233WLMなのですが、最近調子が悪くなってきました。
電源を入れた直後に右下のバックライトが消えてしまいます。
しばらくたって電源を入れなおすとつくことがあるのでそれでなんとかしのげるのですが、毎回やるのは面倒だし、そのうち完全に点かなくなると思われるので、買換えを検討することにしました。

RDT233WLMは4年前くらいに買ったもので、安くて評判が良かったのが購入理由です。
この機種はTN方式のせいか、視野角はあまり広くありません。
最初は正面からしか見ないので視野角は関係ないだろうと思っていたのですが、実際に見てみると、正面から見ても画面の中央と周辺部では色合いが違って見えて、これが視野角の狭さなのかと思った覚えがあります。

三菱の前はDELLのセットモデルでしたが、今思えば結構いい機種だったように思えます。
視野角も問題なく、webカメラもついていて(使うことはなかったですが)、表示も十分きれいでした。
こちらも5年ほどでバックライトが切れてしまったので、液晶ディスプレイはだいたい5年が寿命と考えていいしょうか。


機種検討ですが、次はそれなりの物にしたいので、予算3万前後で考えたいと思います。
考慮すべき点は、目に優しい、視野角が狭くない、表示がきれい、スタンドが調節可能、等
候補として考えたのが次の2つです。

XB2783HSU-B1
IIYAMAの中では評判がよいらしく、パネルはAMVA+というVAの改良版
ポイントはフリッカーフリー、応答速度を上げるオーバードライブ回路、自在に調整可能なパーフェクトスタンド!?
そして27インチで3万以下というコストパフォーマンス。
発売から2年経過しているので近いうちに後継機種が出るかもしれません。

EV2450-BK
目にやさしく、表示がきれいという評判が多い。
ブルーライトを68%削減可能とうたっていますが、単に青の輝度を落としただけということはないのですよね?
こちらもフリッカーフリー、オーバードライブ回路、高さ調節可能なスタンド。
1㎜という超狭ベゼル、IPSで視野角が広い。
値段は3万後半とやや高め。
最近EV2450-BKRというバージョン違いが出ましたが、単にHDMIケーブルがセットになっただけで本体は同じみたいです。
プロフィール

Author:Suomen

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。